CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
柿本和彦(かきもとかずひこ)の活動を紹介します。
<< 実体験の機会を創出!? | main | 来月計画策定! >>
人物重視への転換!?
0
    現在、市議会の会派(誠友会)で、
    会派だよりを制作しています。

    二元代表制の一翼を担う地方議会として、
    また、議会の一員として、
    適切な行政運営が行われているか監視、
    そして、評価を行うことが求められている今、
    市民の皆さまに開かれた議会を模索する中での手段の一つです。


    ところで、昨今、公務員の採用において、
    『人物重視に転換』という地方自治体が多くなってきました。

    尾道市も今春入る職員は、
    人物重視の選考を経た人たちです。

    どんな職員が入ってくるのか楽しみですが、
    こうした転換の裏を返せば、
    学力はあっても実際の現場では期待通りの働きを示せない社会人が、
    増えてきたということなのかもしれません。

    いわゆる”ゆとり世代”が社会に出始めたわけですが、
    私は、ゆとり世代だからではなく、
    バブルが弾けて、質素倹約で暮らす中で、
    欲が無い、欲を持てない世代が社会に出始めたのだと思います。

    もっと言えば、欲を持つ必要が無い世代なんだと思います。

    ある程度の生活で満足するのであれば、
    現代社会は、何不自由なく暮らせて、不平不満を生む社会ではない、
    と思います。

    そんな時代に育った若者ですから、
    創造力や問題発見力は、身につくはずもありません。
    ましてや、忍耐力など普通の生活をしていたのでは、
    身に付きません。

    これから人物重視の選考が続くでしょうが、
    逆に、選考する側の”眼”を鍛えなければ、
    ひょうとすると、今の若者の方が、その”眼”をかいくぐるのは、
    上手かもしれません!?

    私も、行動指針である
    『可能性への挑戦!実践、実践、実践!!!』を再認識し、
    今ここを精一杯行動して参りたいと思います。
    | ゴール | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.k-kakimoto.com/trackback/182