CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
柿本和彦(かきもとかずひこ)の活動を紹介します。
<< 九州回想◆雰本) | main | 九州回想ぁ柄躋隋 >>
九州回想(祐徳稲荷、吉野ヶ里遺跡)
0
    嬉野温泉で宿泊した後、
    翌朝、祐徳稲荷神社に行きました


    伏見稲荷と共に三大稲荷の一つと言われているということですが、
    早朝でしたので、
    多くの巫女さんや神官さんが境内を掃除され、
    落ち葉を掃かれていました。

    いつも見慣れている風景の裏側こそが美しい、
    観えないモノを観る力を改めて大切にしたいと思いました。


    それから、吉野ヶ里遺跡に行きましたが、
    自然とともに生きる、
    まさに、生きる力が今とは比べようも無いほどあったのだろうと
    思いました。

    娘は組み紐づくりにも挑戦していましたが、
    当時は、生きるためにもさまざまな知恵を働かせ、
    いろんな道具を作ったのでしょうね!



    ここまでくれば、
    やっぱりこれを観ずには帰れません。


    太宰府天満宮の本殿の裏にある石碑です。
    『くすのき千年
    さらに今年の若葉なり』

    一瞬一瞬を大切に、今ここを精一杯生き抜いて、
    観えないタスキを次代に受け継いで参りたいと思います。

    九州回想い紡海。
    | 想い | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.k-kakimoto.com/trackback/188