CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
柿本和彦(かきもとかずひこ)の活動を紹介します。
<< 精一杯の素晴らしさ!? | main | 国家百年の計は教育にあり! >>
青少年学習と成人学習!?
0
    昨日、第12回おの100挑戦隊に向けての
    おの100リーダー養成第2回研修を実施しました。

    研修内容は、8月6日から始まる感動創造の旅(=本番)で歩く
    コースの確認と歩行に関するさまざまな”仕掛け”の確認でした。

    大学生の学生スタッフ70人余りと一緒に
    15km程度、歩いて参りました。


    私にとっては、
    一昨日で7つの総会の内、5つが終わりましたので、
    リフレッシュを兼ねての歩行でもありました!?(笑)


    その研修で大きな反省点が見つかりました。

    一般的に、成人は自分の”ものさし”を持っているので、
    青少年の学習とは違ったかたちでプログラムを創る必要がありますが、
    これまで、私は学生スタッフの研修を成人学習と位置付けて
    プログラムを構築して実施して参りました。

    しかし、近年の大学生を対象とした研修プログラムは、
    それでは成果が上がらないということです。


    よく考えてみると
    ”ものさし(=価値観)”というのは、
    さまざまな経験を通して出来上がっていきます。

    しかし、今の若者は体験不足と言われているように
    体験が偏っている、あるいは、ほとんど体験をしていませんから、
    ”ものさし”がまだまだ未熟で出来上がっていないわけです。


    頭では、今の若者は体験不足と理解しながら、
    研修プログラムは成人学習を念頭に構築していたわけですから、
    何ともおかしな話です。。。

    | 想い | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.k-kakimoto.com/trackback/223